お金持ちの修行

今日は久しぶりにお金について、ブログを書こうと思います。お金について書くのってすごく難しいんですよね。それぞれ価値観が違いますし、お金を持っている人が読むのと、お金が足りないなーと思う人が見る時と少し違った見え方になるので、今日は後者の方に向けて。

お金がない

「お金がない」と口に出している人はアウトとなります。負のループへと入っていき、お金を得ることができません。前提条件として、心と現実が繋がっているので、お金がないと心で思うことによって、現実の世界でもお金が入ってこないのです。

お金ってなくなると不安になって、入ってくると安心する。というこの気持ちが発生した時点で、まずは自分自身の心を操作しないといけません。要するにお金が自分の財布から出て行く時に安心(ふんわりと)した気持ちで送り出すことから始めてみましょう。

行動から変えてみる

以前別のブログに書いたように、既にそうなっている説を実験してみてください。その人の姿(立ち振る舞い)に現実が付いて来るイメージです。要するに普段の自分自身の行動を場面場面で切り取ってみてみて、お金持ちの行動が出来ているかどうかです。

それは、高いものを買いなさい、身につけなさいという意味ではありません。お金持ちの立ち振る舞いを自ら行うのです。

例えば現月収が20万円の人は倍の40万円「自分は40万円の月収だ」とマインドセットして行動してみるのです。不必要なものを買わないというのと、ケチケチするというものは違います。

*お金を何も考えず使いなさいということではないのでご注意ください。

お金は生きていると考える

お金はお金持ちに集まる。そんな説が存在しているのは、お金はお金持ちを選んでいる。ということです。お金は生きていて、感情もあり、意思決定が出来るのです。お金持ちの立ち振る舞いを真似してみることで、お金から選んでもらえる人になる。そんな気軽なイメージでトライしてみてください。

*お金持ちのイメージを膨らました時に、高級車に乗っている。ブランド物をたくさん持っている。そう考えるのはまだまだ考えが浅いです。もっと人としての魅力を放っている部分にフォーカスしてください。

お金は仕事によって

お金と仕事は密接な関わり方をしています。これは否定出来ない部分です。要するに金運が上がったとしても、空からお金が降ってくるわけではないので、仕事に励んでみる。新しいことを始めてみる。開業する。そういった行動がないとお金が入ってくることはありません。

行動は絶対に必須ですので、今やってみたいことや、誘いがあって気になっているのであればトライしてみてください。それが出来ずにお金を得るということは出来ません。

執着しない

一番難しい、お金に執着しない。ということについてお話していきます。お金に執着していては、何を始めても裏目に出てしまいます。お金が人を選ぶので、自分はお金に執着していない。ということを分かってもらわなければいけません。それを表すのも、また行動しかないのです。

心で「お金に執着していないよ」と念じていても伝わらないのです。お金に執着していない使い方をすることが大切です。お金にとって、お金を正しく使いましょう。ということです。

一番の極は捧げる。ということにありません。親が子どもに見返りを求めない無性の愛を捧げるように、人に捧げる。ということが執着していない心を表すのに相応しい使い方となっています。大切な人のためで良いです。見返りを求めず捧げることを始めてみてください。

順番があるということ

最後に順番がある。ということを少しお話して終えようと思います。

大宇宙の法則で、この世の中には決まりごとがいくつか存在しています。生まれてくる時に息を吐き、死んでいく時に生きを引き取るというように、出すことが先で、入ることが後なのです。

出入口という言葉があって、入出口とは表現されないように、いつも出るのが先で入るのが後なのです。お金も同様で出るのが先、入るのが後なのです。喜んでお金を出す、お金に執着しない使い方をする。そういったことが大切であり、執着していると難しい、人が中々出来ないことなのです。

過去に買いた類似ブログ

既にそう成っている

 

新卒採用ノウハウ 無料eBook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です